2005年度第1回CACフォーラムセミナー



2005年度第1回CACフォーラムセミナー(全体会議) の日程が決まりました。

《日時》 平成17年6月13日(月) 13:00〜

《場所》 東京大学 山上会館小会議室 201, 202
      http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html
      http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_02_j.html

《参加費》
 正会員・学識会員・学生会員: 無料
 個人会員: 2,000円
 一般: 4,000円

《懇親会費》
 正会員・学識会員・学生会員・個人会員: 3,000円
 一般: 4,000円

《プログラム》

  1. 代表あいさつ  (13:00〜13:10)
    東京大学 大学院工学系研究科 教授 船津 公人 氏

  2. 特集講演「化学プロセスのためのケモメトリックス」

    ・講演1  (13:10〜14:10)
    日本大学理工学部物質応用化学科 栃木 勝己 氏
    「グループ寄与法による化工物性推算の現状と課題」
     気液平衡、液液平衡、固液平衡などの相平衡および粘度などの輸送物性は、分離プロセス設計や材料設計に必要な化工物性である。これら化工物性の推算法の中で、グループ寄与法は実用面から極めて興味深い方法であり、対応状態原理に基づく推算法とともに多くのプロセスシュミレータに内蔵されている。ここでは、グループ寄与法の中で筆者らが開発しているASOGおよびグメリング教授のUNIFACを用いると、現在どの程度の物性が推算出来るかを紹介する。具体的には、常圧および高圧気液平衡、電解質やポリマーを含む系の気液平衡、液液平衡、固液平衡、動粘度の適用範囲と推算精度についてお話しする。またグループ寄与法のもつ課題も紹介したい。

    ・講演2  (14:10〜15:10)
    京都大学 大学院工学研究科 化学工学専攻 加納 学 氏
    「ケモメトリクスのプロセス制御・運転管理への適用」
     生産プロセスの運転データにケモメトリクス手法を適用することにより,オンラインでは測定できない製品品質を推定するソフトセンサーや,プロセスの異常を検出・診断するシステムなどを開発する研究が活発に行われてきた.このような研究分野は,特にプロセス・ケモメトリクスとも呼ばれている.
     本講演では,生産プロセスの運転データにケモメトリクス手法を適用することのメリットを整理し,基本的な応用事例を通して,プロセス・ケモメトリクスの概要を示す.さらに,これまでに様々な企業と実施してきた共同研究の概要を紹介することで,プロセス・ケモメトリクスの有効性を示すと共に,現場で直面する課題や他の技術との連携も含めて,その実情について述べる.


    ------- 休憩  (15:10〜15:20)

    ・講演3  (15:20〜16:20)
    三菱化学株式会社 技術・生産センター 技術部 プロセス制御技術グループ 大北和弘 氏
    「ソフトセンサーによる化学製造プラントの運転・品質管理」
     化学製造プラントにおいて製品品質の安定化や運転の効率化を目的としたソフトセンサーの適用が一般的になっている.弊社三菱化学の化学製造プラント向けのソフトセンサーは開発中のものも含め数十を数える.そのほとんどは過去の運転実績データを部分最小2乗法(PLS)で回帰させた経験モデルである.本発表ではPLSによるソフトセンサーの開発用途と実際の適用例および実運用での問題点を紹介する.

  3. 各分科会からの報告  (16:20〜16:50)

  4. 懇親会  17:00〜
        (場所:東京大学山上会館1階談話ホール)


ご検討の上、お申込みいただける方は、下記参加申込書を平成17年5月31日(火)までにFAXまたは、E-mailにてお送りください。
          CACフォーラム事務局
           TEL: 050-3315-2837
           FAX: 0532-44-1120
           e-mail:

【2005年度第1回CACフォーラムセミナー参加申込書】

団体名:

参加者    
所属・役職名:         
氏名:


連絡先:〒


TEL:                   FAX:

E-mail:

懇親会: (  )ご出席  (  )ご欠席

 CAC-forum web site : http://www.cheminfonavi.co.jp/cac/

[ ホーム ]


  このページに対する、ご意見・ご感想はこちらまで
Copyright 1999-2004 CAC Forum All right reserved.