2007年度第1回CACフォーラムセミナー



2007年度第1回CACフォーラムセミナー の日程が決まりました。

《日時》 平成19年6月1日(金)13時〜17時

《場所》 東京大学 山上会館小会議室 201, 202(東京都文京区本郷7−3−1)
      http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html
      http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_02_j.html

《参加費》
 正会員・学識会員・賛助会員・学生会員: 無料
 個人会員: 2,000円
 一般: 4,000円

《懇親会費》
 正会員・学識会員・学生会員・個人会員: 3,000円
 一般: 4,000円

《支払方法》
 当日受付にて現金でお支払いください(領収書を発行します)

《申込締切》 平成19年5月25日(金)


《プログラム》

1.開会挨拶  (13:00〜13:10)
  CACフォーラム会長 東京大学大学院工学系研究科  教授 船津 公人 氏


2.講演(T) (13:10〜14:00)
  中外製薬株式会社    長谷川 清 氏
  「ケモメトリックス手法のレビュー(最近のData mining手法の紹介)」

 ケモメトリックスとは、解析データに含まれる規則性やパターンを、統計学の手法を適用することにより明らかにする学問分野である。解析データにノイズが多い場合、規則性が内在している場合、データサンプルが極端に少ない場合には、通常の統計手法(最小2乗法)は適用できない。化学では、このようなデータタイプが多く得られるために、新しい解析手法(ケモメトリックス)の出現が期待されていた。ケモメトリックスは、1970年代から、アメリカの分析化学者Kowalski、スウェーデンの物理化学者Woldらにより提唱され、分析化学を中心にして発達してきた。化合物の構造記述子と活性との関係を調べる定量的構造活性相関(QSAR)、あるいは物性との関係を調べる定量的構造物性相関(QSPR)もこの範疇に入る。現在、ケモメトリックスに関する研究が全世界に急速に増えて、化学の一分野として定着している。
 ケモメトリックスの手法としては、主成分分析、部分最小2乗法、ニューラルネットワーク、サポートベクトルマシーン、遺伝的アルゴリズム、コホーネンネットワークなどがあげられる。また最近、大量の化学データ解析に適した新たな手法(data mining)も開発されている。例えば、Inductive logic programming (ILP), Rough sets theory (RST)などがあげられる。これらdata mining手法により、大量の化学データから構造と活性を決めるruleやpharmacophoreを導くことができ、より実用性が向上した。
 今回、最近のdata mining手法を中心にして、ケモメトリックス手法の紹介をする。


3.講演(U) (14:00〜14:50)
  旭硝子株