2007年度第1回CACフォーラムセミナー



2007年度第1回CACフォーラムセミナー の日程が決まりました。

《日時》 平成19年6月1日(金)13時〜17時

《場所》 東京大学 山上会館小会議室 201, 202(東京都文京区本郷7−3−1)
      http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html
      http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_02_j.html

《参加費》
 正会員・学識会員・賛助会員・学生会員: 無料
 個人会員: 2,000円
 一般: 4,000円

《懇親会費》
 正会員・学識会員・学生会員・個人会員: 3,000円
 一般: 4,000円

《支払方法》
 当日受付にて現金でお支払いください(領収書を発行します)

《申込締切》 平成19年5月25日(金)


《プログラム》

1.開会挨拶  (13:00〜13:10)
  CACフォーラム会長 東京大学大学院工学系研究科  教授 船津 公人 氏


2.講演(T) (13:10〜14:00)
  中外製薬株式会社    長谷川 清 氏
  「ケモメトリックス手法のレビュー(最近のData mining手法の紹介)」

 ケモメトリックスとは、解析データに含まれる規則性やパターンを、統計学の手法を適用することにより明らかにする学問分野である。解析データにノイズが多い場合、規則性が内在している場合、データサンプルが極端に少ない場合には、通常の統計手法(最小2乗法)は適用できない。化学では、このようなデータタイプが多く得られるために、新しい解析手法(ケモメトリックス)の出現が期待されていた。ケモメトリックスは、1970年代から、アメリカの分析化学者Kowalski、スウェーデンの物理化学者Woldらにより提唱され、分析化学を中心にして発達してきた。化合物の構造記述子と活性との関係を調べる定量的構造活性相関(QSAR)、あるいは物性との関係を調べる定量的構造物性相関(QSPR)もこの範疇に入る。現在、ケモメトリックスに関する研究が全世界に急速に増えて、化学の一分野として定着している。
 ケモメトリックスの手法としては、主成分分析、部分最小2乗法、ニューラルネットワーク、サポートベクトルマシーン、遺伝的アルゴリズム、コホーネンネットワークなどがあげられる。また最近、大量の化学データ解析に適した新たな手法(data mining)も開発されている。例えば、Inductive logic programming (ILP), Rough sets theory (RST)などがあげられる。これらdata mining手法により、大量の化学データから構造と活性を決めるruleやpharmacophoreを導くことができ、より実用性が向上した。
 今回、最近のdata mining手法を中心にして、ケモメトリックス手法の紹介をする。


3.講演(U) (14:00〜14:50)
  旭硝子株式会社    山本 博志 氏
  「データベースと情報戦略 ー企業の取り組みー」

 筆者は国家プロジェクトに参加し「フロン代替化合物」の設計を行った。その際には金に糸目を付けず,世界中のデータベースからフッ素化合物の熱物性を集め,解析(推算式の構築)し,逆設計(目標とする熱物性を満足する構造を提案)を行った。このような事が可能であったのは,1.構造と物性の相関が取れていなかった事。2.実際の化合物の合成は非常に困難で試薬も非常に高価であったこと。3.一企業では達成しきれない政治的な要因が絡んでいた事。4.予算が潤沢であった事。に起因したと考えられる。これとは異なり,多くの場合は(船津先生も指摘しているように)データベースを利用するという事は検索のキーワードから手の内をさらけ出すようなものであり,国有のDBは有料化をした方がいいという議論もある。一方,企業に戻り研究を進めてみると,データベースはドイツ系とアメリカ系が席巻し,アジアではそこからダウンロードしたものを違法にインターネット上に公開している例も散見される。日本がどこへ向かおうとしているのかは判然としない。このような状況の中,企業の研究は,いかに情報解析を有効に行って,データベースをナレッジベースに昇華できるか,が鍵となっている。本発表では自己組織化ニューラルネットワークを使ったデータベースの解析例や,いわゆる「熟練工のナレッジ」の情報化を紹介してみたいと思う。

---------------------休憩(14:50〜15:10)----------------------

4.講演(V) (15:10〜16:00)
  星薬科大学薬剤学教室   教授 高山 幸三 氏
  「インシリコ予測による製剤設計の効率化とレギュレーションへの対応」

 製剤設計の高効率化や開発コスト削減の要求に対処するためには、インシリコにおける新しい予測技術を開発することが重要である。またICHQ8やFDA PATに明記されたように、今後医薬品の製造承認には製剤設計に対する科学的根拠が求められるようになる。
 応答曲面法は、実験計画法に従って計測された少数のデータにより製剤処方を検討することができ、処方設計・最適化の支援技術として注目されている。しかし実際の製剤では処方因子と製剤特性の関係が複雑で十分な予測精度が得られないなど実用上多くの問題がある。
 本セミナーでは既存手法の問題点を整理し、多次元スプライン補間、ブートストラップ法、自己組織化マップ等を利用する新たな最適化手法の概要を述べるとともに、実際製剤への応用例を紹介したい。


5.講演(W) (16:00〜16:50)
  株式会社 エス・ティ・ジャパン   増井 秀行 氏
  「IR、NMRスペクトルのための構造解析支援ソフトウエアの紹介」

- IRスペクトルを用いた部分構造解析ソフトウエア「irAnalyze」-

 赤外測定装置からのフルスペクトルをそのまま用い、スペクトルの解析と官能基の帰属の確認を迅速に行うソフトウエアです。400種類以上の既知の官能基グループと、およそ1000の特徴のある赤外バンドの吸収帯を有するデータベースを標準装備し、スペクトル解析を支援して、官能基の帰属をオートもしくはインタラクティブモードで短時間に高精度で行います。また、指定したピークからの官能基の検索や、赤外スペクトルと構造式(Molfile)との対応評価も可能です。

- NMRスペクトル予測ソフトウエア「NMRPredict」(Windows版)-

 最新のアルゴリズムにより、入力構造から立体化学を考慮した1H-NMR, 13C-NMRなどのスペクトルを予測するソフトウエアです。力場計算により立体異性体(コンフォーマー)を計算し、パラメータ化された官能基グループ情報を用いて、1H-NMRスペクトルを予測します。また、13C-NMRスペクトルは立体情報を有するデータベース(HOSEコード)を用いる方法と、ニューラルネットワークを用いる方法の両者で、信頼性の高い予測を行います。

以上二つのソフトウエアのデモも実施の予定です。



懇親会(17:00〜)
    場所:東京大学山上会館1階談話ホール




ご参加希望の方は、下記参加申込書を事務局までE-mailにてお送りください。

          CACフォーラム事務局
          e-mail:

【2007年度第1回CACフォーラムセミナー参加申込書】

団体名:
所属・役職名:
氏名:
連絡先:〒
TEL:
FAX:
E-mail:
懇親会:( )ご出席・( )ご欠席
会員種別:( )正会員・( )学識会員・( )賛助会員・( )学生会員・( )個人会員・( )一般
(該当する部分に○印をお入れください。)

 CAC-forum web site : http://www.cheminfonavi.co.jp/cac/

[ ホーム ]


  このページに対する、ご意見・ご感想は こちらまで
Copyright 1999-2007 CAC Forum All right reserved.