2008年度第2回CACフォーラムセミナー



2008年度第2回CACフォーラムセミナー の日程が決まりました。

《日時》 2009年3月2日(月) 13:00〜17:00

《場所》 東京大学 山上会館小会議室 201, 202(東京都文京区本郷7−3−1)
      http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html
      http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_02_j.html

《参加費》
 正会員・学識会員・賛助会員・学生会員: 無料
 個人会員: 2,000円
 一般: 4,000円

《懇親会費》
 正会員・学識会員・学生会員・個人会員: 3,000円
 一般: 4,000円

《支払方法》
 当日受付にて現金でお支払いください(領収書を発行します)

《申込締切》 2009年2月20日(金)

《プログラム》

1.開会挨拶  (13:00〜13:10)
  CACフォーラム会長 東京大学大学院工学系研究科  教授 船津 公人 氏

2.講演(T) (13:10〜14:10)
大阪大学 大学院薬学研究科   教授 高木 達也 氏
「ミニパラメトリック回帰法、SANORAの開発とその応用」
 従来、非線形回帰法には、大きく分けて2種類の方法があった。1つはパラメトリック回帰で、y=ax3+bx2+cx+d など、顕な関数関係を書き下すことができるものがそれに相当する。対して、スプライン平滑化など、顕な関数関係を前提としない方法がノンパラメトリック回帰である。両者に利点欠点があるため、私たちは、その中間的な手法として、ミニパラメトリック回帰法とでも呼ぶような手法、SANORA(Simple Additive NOnparametric Regressin Analysis)を開発した。この手法では、ある程度顕な関数関係を記述することができ、かつ、ノンパラメトリック回帰のような柔軟性を有することができる。
 当日はこの手法のQSAR、薬物の血中動態解析などへの応用も含めてお話させて頂きたい。

---------------------休憩(14:10〜14:20)----------------------

3.講演(U) (14:20〜15:20)
産業技術総合研究所   主幹研究員 長嶋 雲兵 氏
「Molecular Orbital Calculation beyond Adiabatic Approximation: Multi-Component Molecular Orbital Method」
  The problem imposed on quantum chemistry is to clarify chemical concepts or chemical phenomena under the quantum mechanical principle. For example, the nuclear quantum effects, such as zero point energy, nuclear tunneling, and vibrational excitations, are interesting subjects in chemistry, as well as in physics and in other interdisciplinary fields. Also, many phenomena induced by the H/D isotope effect are observed experimentally, such as the red shift of the vibrational frequency, the change in the chemical reaction rate, the Ubbelohde effect, and a drastic change in the phase transition temperature of hydrogen-bonded dielectric materials. Moreover, biological reactions involving hydrogen often can be dissected using deuterium substitution. It is, however, sometimes difficult to theoretically describe these nuclear quantum effects within only the Born-Oppenheimer approximation.
  For molecular systems, to theoretically evaluate the nuclear quantum nature accounting for the H/D isotope effect, we have proposed the multi-component molecular orbital (MC_MO) method to determine both nuclear and electronic wavefunctions simultaneously. We have already found that the MC_MO method has great success in analyses of the geometrical isotope effect (GIE) in C-H…O hydrogen bonds. The MC_MO method is also a powerful tool for analyzing the hydrogen (proton) transfer reaction mechanism in terms of the kinetic isotope effect (KIE). Recently, we have developed a fragment MO (FMO)-MC_MO method to analyze H/D isotope effect for large molecules. We would like to explain the methodology and applications of MC_MO method.

---------------------休憩(15:20〜15:30)----------------------

4.講演(V) (15:30〜16:30)
徳島大学大学院 ヘルスバイオサイエンス研究部   教授 中馬 寛 氏
「新しいQSARの構築を目指して」
 QSARにおいて代表的かつしばしば使われるパラメータにlog PとHammett σがある。QSARでは標的受容体の構造情報を考慮していないにもかかわらず、これらのパラメータがリガンドとその標的タンパク質との結合自由エネルギー変化を実効的に表すかは必ずしも自明ではない。しかし、同一または類似した骨格をもち、置換基の異なる一連の阻害剤−タンパク質複合体系の分子科学計算による解析によって相互作用メカニズムを直接的に反映する新たなパラメータを見出すことが可能と考えている。FMO法等を用いて、HIV-1 プロテアーゼとその阻害剤等の解析を進めてきた。結合活性の変動の支配要因の一つとなる可能性が指摘されていた電荷の再分配の効果を明らかにする目的も含めて、阻害剤−HIV-1 プロテアーゼ複合体系にフラグメント間相互作用や電子密度解析の結果に基づき、相互作用エネルギー変化の変動の支配因子を議論する。

5.部会報告 (16:30〜16:50)


懇親会(17:00〜)
    場所:東京大学山上会館1階談話ホール






ご参加希望の方は、下記参加申込書を事務局までE-mailにてお送りください。

          CACフォーラム事務局
          e-mail:

【2008年度第2回CACフォーラムセミナー参加申込書】

団体名:
所属・役職名:
氏名:
連絡先:〒
TEL:
FAX:
E-mail:
懇親会:( )ご出席・( )ご欠席
会員種別:( )正会員・( )学識会員・( )賛助会員・( )学生会員・( )個人会員・( )一般
(該当する部分に○印をお入れください。)

 CAC-forum web site : http://www.cheminfonavi.co.jp/cac/

[ ホーム ]


  このページに対する、ご意見・ご感想は こちらまで
Copyright 1999-2008 CAC Forum All right reserved.