2012年度 第1回CACフォーラムセミナー
ケモメトリックスソフトウェア講習会および講演会



2012年度 第1回CACフォーラムセミナー の日程が決まりました。

《日時》 2012年7月6日(金) 09:50〜16:30

《協賛》 (社)日本化学会

《場所》 大阪産業創造館(大阪市中央区本町1-4-5) http://www.sansokan.jp/map/
      午前のChemish講習会は5Fパソコン実習室、午後の講演会は5F研修室Cで開催

《定員》 25名

《参加費》 
 CACフォーラム会員
       正会員・学識会員・賛助会員・学生会員:無料
       個人会員:2,000円
 (社)日本化学会員
       法人会員:無料
       個人会員:2,000円
 一般:4,000円

《支払方法》
 当日受付にて現金でお支払いください(領収書を発行します)

《申込締切》 2012年6月29日(金)


《プログラム》

1.会長挨拶  (09:50〜10:00)
  CACフォーラム会長 東京大学大学院工学系研究科  教授 船津 公人 氏

2.Chemishによるケモメトリックス解析テクニック講習会 (10:00〜11:50)
 東京大学   助教 金子 弘昌 氏
 Chemishは、東京大学船津研究室で開発されているケモメトリックスソフトウエアであり、化学データの編集、解析、可視化のための豊富な機能を備えている。今回は、ケモメトリックス手法である主成分分析、重回帰分析、PLS、ニューラルネットワークなどの説明と、それらの手法を用いて実際にChemishでデータ解析を行うための講習会を行う。

 ※講習会用のパソコンは用意しております。

---------------------昼食(11:50〜13:10)各自で昼食をお取り下さい----------------------

3.講演(T) (13:10〜14:10)
 関西学院大学   教授  岡田 孝 氏
 「基本活性構造を用いたベイジアンネットとシグナル検出」
 各種生理活性を対象にそれぞれの活性発現に特徴的な基本活性構造(Basic Active Structures)を発掘し公開している。一般化学物質の反復投与毒性では、これらの構造を利用してベイジアンネットを構築し、in silicoの予測を可能とした。また、PMDAの医薬品副作用の自発報告データベースについては基本活性構造の層別を導入して、早期のシグナル検出を可能とした。これらの結果について報告する。

---------------------休憩(14:10〜14:20)----------------------

4.講演(U) (14:20〜15:20)
 大阪大学   助教  岡本 晃典 氏
 「化学物質の環境リスクに関するin silico評価法の改良」
 化学物質の環境リスク評価において、対象となる物質数の膨大さからin silico評価の重要性は高い。主なin silico評価法として、環境中化学物質のハザードについては定量的構造活性相関を利用した生態影響評価が、曝露については化学物質の物性情報等を基にした環境媒体(水、土壌、大気など)間の動態予測モデルによる各環境内の存在量評価が挙げられる。当研究室では環境動態予測モデルの入力パラメータである物性情報への予測モデルの導入と、確率的な存在量評価の検討を進めてきた。その検討状況を中心に、in silico評価法の改良について報告する。

---------------------休憩(15:20〜15:30)----------------------

5.講演(V) (15:30〜16:30)
 奈良先端科学技術大学院大学   教授  金谷 重彦 氏
 「KNApSAcK Family DB:オミックス研究における医食同源の体系化」
 細胞・組織を丸ごと質量分析により測定することにより得られる大量スペクトル情報から代謝物の候補を得ることを目的に、2004年よりKNApSAcK Coreデータベースの研究開発が進められ、5万種の代謝物について10万対の生物種-代謝物の関係を整理し公開した。本データベースはシロイヌナズナ国際コンソーシアム(The Arabidopsis Information Resource)などの世界のメタボローム研究の標準データベースとなっている。さらに、植物の機能性を体系化する目的で、KNApSAcKファミリー・データベース・システムの研究開発を進めた。現在までに、世界の地域ごとに使用されている薬用/食用植物、薬用植物の生物活性、二次代謝物の活性、漢方、ジャムーにおける生薬配合情報、食用植物情報、さらにはハーブの情報を医科学文献に基づいて構築した。これらのデータベースをもとに地球上に存在する代謝物種についての考察を行う。さらにデータベースから細胞シュミレーション全般について取組について紹介する。






ご参加希望の方は、下記参加申込書を事務局までE-mailにてお送りください。

          CACフォーラム事務局
          e-mail:

【2012年度 第1回CACフォーラムセミナー参加申込書】

団体名:
所属・役職名:
氏名:
連絡先:〒
TEL:
FAX:
E-mail:
会員種別:該当する( )部分に○印をお入れください。
 CACフォーラム会員
  ( )正会員・( )学識会員・( )賛助会員・( )学生会員・( )個人会員
 日本化学会員
  ( )法人会員・( )個人会員
 一般
  ( )一般

 CAC-forum web site : http://www.cheminfonavi.co.jp/cac/

[ ホーム ]


  このページに対する、ご意見・ご感想は こちらまで
Copyright 1999-2012 CAC Forum All right reserved.