2015年度 第1回CACフォーラムセミナー



2015年度 第1回CACフォーラムセミナー の日程が決まりました。

《日時》 2015年 7月 10日(金) 13:00〜16:30

《協賛》 (公社)日本化学会

《場所》 (公社)日本化学会 化学会館 6階601B会議室(東京都千代田区神田駿河台1-5
     http://www.chemistry.or.jp/kaimu/office/map.html

《参加費》 
 CACフォーラム会員
       正会員・学識会員・賛助会員・学生会員:無料
       個人会員:2,000円
 (公社)日本化学会員
       法人会員:無料
       個人会員:2,000円
 一般:4,000円

《支払方法》
 当日受付にて現金でお支払いください(領収書を発行します)

《申込締切》 2015年 7月 3日(金)


《プログラム》

1.開会挨拶  (13:00〜13:10)
  CACフォーラム会長   東京大学  教授 船津 公人 氏

2.講演(T) (13:10〜14:10)
東京大学   准教授  伊藤 大知 氏
「生体内in situ架橋ハイドロゲルの開発と疾患治療への応用」
 生体に比較的安全な化学反応や分子間相互作用を利用して、生体内に投与すると同時にゲル化する生体内in situ架橋ハイドロゲルは、様々な医療応用が期待できる。特に、腹腔鏡等の硬性内視鏡の利用は年々増えており、アプリケーターを用いたin situ架橋ゲルは、外科手術後の癒着防止材、止血材、再生医療の足場材料、局所薬物送達担体としての応用が期待される。その投与箇所としては、腹腔、胸腔、心腔、関節腔等々、様々な箇所が想定される。架橋方法としても、共有結合架橋、イオン架橋、酵素架橋、光架橋、疎水性相互作用など様々な方法を用いたゲルの応用が可能である。さらに、生体内投与可能な材料は生体組織に対する安全性が良く担保された材料であるため、バイオインクや体外での細胞封入材料等、体外で医用工学的に応用可能な材料としても有効であり、今後様々な応用が期待される。本講演では、講演者らの研究を中心にin situ架橋ハイドロゲルの開発と応用について紹介する。

---------------------休憩(14:10〜14:20)----------------------

3.講演(U) (14:20〜15:20)
東京大学   助教  金子 弘昌 氏
「ケモインフォマティクス技術を活用した推定制御手法および医薬品製造プロセスへの応用」
 化学・産業プロセスなど様々なプロセスにおいて測定が困難な対象を推定する手法としてソフトセンサーが広く活用されている。例えば医薬品製造プロセスでは、錠剤を製造する際に原料のばらつきや製造設備の変動等の外乱がある中でも医薬品としての高い品質を満たしながら効率かつ安定的に製造しなければならない。リアルタイムに品質を監視する技術として、非破壊で迅速な分析技術であるNear Infrared Spectroscopy (NIR) が着目されている。NIRスペクトルと医薬品中の有効成分 (Active Pharmaceutical Ingredient, API) の含有量との間でソフトセンサーモデルを構築し、それを実際のプロセスで使用することで、NIRスペクトルから非破壊かつリアルタイムにAPI含有量を推定することができる。本講演では最新のソフトセンサー技術および医薬品プロセスへの応用例を紹介する。

---------------------休憩(15:20〜15:30)----------------------

4.講演(V) (15:30〜16:30)
東京大学   教授  高井 まどか 氏
「ナノ界面構造を制御した医療デバイスの開発」
 生体と接して用いられる医療デバイスの開発において、材料の界面制御は機能性発現に重要である。
本講演では、ナノレベルの構造、組成を制御したポリマー界面でのタンパク質の吸着、細胞接着挙動について解説する。






ご参加希望の方は、下記参加申込書を事務局までE-mailにてお送りください。

          CACフォーラム事務局
          e-mail:

【2015年度 第1回CACフォーラムセミナー参加申込書】

団体名:
所属・役職名:
氏名:
連絡先:〒
TEL:
FAX:
E-mail:
会員種別:該当する( )部分に○印をお入れください。
CACフォーラム会員
  ( )正会員・( )学識会員・( )賛助会員・( )学生会員・( )個人会員
日本化学会員
  ( )法人会員・( )個人会員
一般
  ( )一般

 CAC-forum web site : http://www.cheminfonavi.co.jp/cac/

[ ホーム ]


  このページに対する、ご意見・ご感想は こちらまで
Copyright 1999-2015 CAC Forum All right reserved.