概要

 Computer Aided Chemistry Forum(略称:CACフォーラム)は、CHEMICS研究会の活動を基に実践分野の拡大を図るため、 平成8年4月に新たに再スタートした研究会です。

 CACフォーラムは、構造解析、合成設計及びケモメトリックスを中心とした コンピューターケミストリーに関する技術の、 普及、取得及び開発研究を目指します。

 CACフォーラムの前身であるCHEMICS研究会は、 「有機化合物の自動構造推定システムCHEMICS」を正しく理解していただくことを 目的とし、 豊橋技術科学大学佐々木槇一学長を会長とし、 平成2年10月に発足しました。 初期の目的(CHEMICSの改良とその普及)を一応達成し、 加えて活動の中で「合成設計システムAIPHOS」「ケモメトリックス手法」 等の紹介もさせていただきました。

 CACフォーラムは産学官の会員から構成され、 構造解析部会、 合成設計部会及びケモメトリックス部会の部会活動を中心に運営されます。 更に、 CHEMICS研究会精神を尊重し各部会を有機的に連携させた全体活動、 会員のレベルをも考慮した技術指導及び特定テーマに限定したより実践的な 分科会活動も企画いたします。 
 

CACフォーラム会長 船津公人
 

[ ホーム ]


  このページに対する、ご意見・ご感想はこちらまで
Copyright 1999-2010 CAC Forum All right reserved.