第2年度 開催実績 講演題目

第9回(H3.10.18):日本化学会館(お茶の水)
  • 「CHEMICSの全体概要と今後の開発予定」
    豊橋技科大      船津公人
     
  • 「構造解析とデータベース」
    豊橋技科大      阿部英次


第10回(H3.11.12〜13):富士教育研修所

  • 「CHEMICSの全体概要、デモ」
    豊橋技科大      船津公人
     
  • 「有機化合物の構造解析における情報処理」 
    山形大学        工藤喜弘
     
  • 「プロトンNMRーDBの構築、検索システム」
    豊橋技科大      阿部英次


第11回(H4.1.24):住友化学(大阪) 

  • 「経験情報をもとにした候補構造発生の効率化」 
    豊橋技科大      速水健一
     
  • 「不確定表現によるマクロコンボーネント処理」 
    豊橋技科大      原藤  寛
     
  • 「高磁場NMRを用いた構造解析」 
    住友化学        岡田明彦
     
  • 住友化学生物環境科学研究所見学


第12回(H4.2.21):日本化学会館(お茶の水)

  • 「CHEMICSが今の姿になった理由」  
    山形大学        工藤喜弘
     
  • 「立体異性構造式の列挙について」 
    豊橋技科大      阿秤p次
     
  • 「混合物解析のアルゴリズム、バージョンアップ」 
    豊橋技科大      船津公人


第13回(H4.4.17):日本化学会館(お茶の水)

  • 「湖沼汚染の指標化合物マイクロシスティン」 
    名城大学        原田健一
     
  • 「CHEMICSバージョンアップ内容について」 
    豊橋技科大      船津公人
     
  • 「新版CHEMICSデモンストレーション」 
    東レシステム        佐藤寛子


第14回(H4.5.25〜26):富士教育研修所

  • 「最近のCCS事情について」 
    旭リサーチセンター      田中一雄
     
  • 「三井石化における分析と化学情報の処理」 
    三井石化        山崎  徹
     
  • 「HMBCデータ解析のアルゴリズムについて」 
    豊橋技科大      船津公人
     
  • 「CHEMICS V9.0の操作方法、デモンストレーション」 
    豊橋技科大      船津公人


第15回(H4.7.24):旭硝子研修センター

  • 「13C−NMRスペクトルデータベース『TRiTON』CHEMICS流の考え方」 
     日本電子        宮林延良
     
  • 「研究における化学情報の活用について」 
    (社)化学情報協会 千原秀昭
     
  • 「有機合成設計システム『AIPHOS』の概要について」 
    豊橋技科大      船津公人


第16回(H4.9.28):日本化学会館(お茶の水)

  • 「ComputerーAided structure elucidation」 
    アリゾナ州大    M.E.Munk
     
  • 「自動構造推定システムCHEMICSの現状と今後」 
    豊橋技科大      船津公人
     
  • 「Application of Neutal Network in  Chemistry」 
    ミュンヘン工大  J.Gasteiger 
     
  • 「コンピュータ分子設計の現状と展望」 
    東京大学        板井昭子
     
  • 「The Beilstein Information System :Everything for Somebody or Something for Everybody」
    バイルシュタイン       C.Jochum

[ 上へ ] [ 初年度 ] [ 第2年度 ] [ 第3年度 ] [ 第4年度 ] [ 平成7年度 ] [ 平成8年度 ] [ 平成9年度 ] [ 平成10年度 ] [ 平成11年度 ] [ 平成12年度 ] [ 平成13年度 ] [ 平成14年度 ] [ 平成15年度 ][ 平成16年度 ]


  このページに対する、ご意見・ご感想はこちらまで
Copyright 1999-2004 CAC Forum All right reserved.