平成16年度 開催実績 講演題目


T.全体会合

 参加者人数

第71回(H16.6.2):化学会館

30名

  1. 代表あいさつ
    東京大学大学院  船津 公人

  2. 講演1
     「計算化学と情報化学を融合した合成経路設計」
    山口大学  堀 憲次
  1. 講演2
     「実践的分子構造解析へのコンピュータの活用〜立体化学を考慮した13C-NMR化学シフトの精密予測〜」
    情報・システム研究機構 国立情報学研究所  佐藤 寛子

  2. 講演3
     「富士通版KOSP(AIPHOS/KOSP)について」
    富士通株式会社  朝永 惇

  3. 各分科会からの活動状況報告と今後の予定
    1. ケモメトリックス部会
      三井化学(株)  西村 竜一
    2. 構造解析部会
      東京大学大学院  船津 公人
    3. 合成設計部会
      第一製薬(株)  岡野 克彦
    4. 構造活性相関部会
      東京大学大学院  荒川正幹/船津公人

  4. 懇親会

 

第72回≪一泊研修会≫(H16.10.4〜5):秋保グランドホテル

 21名

一日目

  1. 代表あいさつ 
    東京大学大学院  船津 公人

  2. 講演(T)
     「産業革新のためのコンピュータ化学:現状と展望」
    東北大学  宮本 明

  3. 講演(U)
     「二次元NMRスペクトル解析システム「Spec2D V4」の開発」
    住友化学工業株式会社  増井 秀行

  4. 講演(V)
     「DNAマイクロアレイのデータ解析手法」
    エーザイ株式会社  河合 隆利

  5. 話題提供
    旭硝子株式会社  山本 博志

  6. 夕食・意見交換




二日目

  1. ケモメトリックス部会報告
     「Chemish Ver4.0の紹介およびデモ」
    三井化学株式会社  西村 竜一

  2. 合成設計部会報告
     「合成設計支援システムと計算化学の融合に向けて」
    第一製薬株式会社  岡野 克彦

  3. 構造解析部会報告
     「自動構造推定システムCHEMICSを核としたSEoNの現状について」
    東京大学大学院  船津 公人

  4. 構造活性相関部会報告
    「分子設計トータルシステムToMoCoの開発の現状と今後」
    東京大学大学院  荒川 正幹

  5. 昼食





第73回(H17.2.10):東京大学                             

20名

  1. 代表あいさつ
    東京大学大学院  船津 公人

  2. 特集講演「化学プロセスのための物性推算」

    ・講演1
     「化学プロセス最適化のための統合情報基盤」
    東京大学大学院  平尾 雅彦

    ・講演2
     「固体高分子形燃料電池のシステム設計」
    東京大学大学院  山口 猛央

    ・講演3
     「有機化合物の蒸気圧と気液平衡推算」
    旭硝子株式会社  山本 博志

  3. 各分科会からの活動状況報告と今後の予定
    1. ケモメトリックス部会
      三井化学(株)  西村 竜一
    2. 構造解析部会
      東京大学大学院  船津 公人
    3. 合成設計部会
      第一製薬(株)  岡野 克彦
    4. 構造活性相関部会
      東京大学大学院  船津 公人


 

 

U.部会会合

  • AIPHOS/TOSP・Chemish Ver.4講習会 (H16.11.15):化学会館
      「反応設計システムAIPHOS/TOSP講習会」
      「ケモメトリックスソフトChemish Ver.4 講習会」
     

  • 情報化学入門講座 (第3回)(H17.2.7-8):大阪大学中之島センター
      主催 日本化学会情報化学部会  共催 CACフォーラム

     「第1日目 ケモメトリックス+構造活性相関」
      1.生物統計学入門  (大阪大学 高木達也)
      2.数理解析技術のポストゲノムデータ解析への応用  (奈良先端大学院大学 金谷重彦)
      3. 製薬企業における構造活性と構造物性相関研究の現状  (大日本製薬 冨永幸雄)
      4.ケモメトリックスソフトウェアChemishを用いた演習  (東京大学 荒川正幹/船津公人)
     「第2日目 ケモメトリックス+構造物性相関」
      1.推測統計学の基礎  (大阪大学 高木達也)
      2.生化学データにおける線形・非線形モデリング  (奈良先端大学院大学 金谷重彦)
      3.材料・製品開発におけるデータ解析技術の有用性  (三菱化学 藤井宏行)
      4.分子設計システムToMoCoを用いた演習  (東京大学 荒川正幹/船津公人)


特記事項

  • Chemish(ソフトウェア)のVersion Up(Ver.4.05)
  • 構造活性相関部会設立
  • 掲示板設置

 

[ 上へ ] [ 初年度 ] [ 第2年度 ] [ 第3年度 ] [ 第4年度 ] [ 平成7年度 ] [ 平成8年度 ] [ 平成9年度 ] [ 平成10年度 ] [ 平成11年度 ] [ 平成12年度 ] [ 平成13年度 ] [ 平成14年度 ] [ 平成15年度 ] [ 平成16年度 ]


  このページに対する、ご意見・ご感想はこちらまで
Copyright 1999-2004 CAC Forum All right reserved.