2013年度(平成25年度)CACフォーラム開催実績

 

2013年度第1回CACフォーラムセミナー

日時 : 2013年7月5日(金) 13:20~16:30
場所 : (社)日本化学会 化学会館 501B会議室(東京都千代田区神田駿河台1-5)
 http://www.chemistry.or.jp/kaimu/office/map.html
内容 :

《プログラム》

1.会長挨拶  (13:20~13:30)
  CACフォーラム会長 東京大学大学院工学系研究科  教授 船津 公人 氏

2.Winmostarを使った量子化学計算・分子動力学計算講習会 (13:30~16:30)
 株式会社クロスアビリティ 代表取締役  古賀 良太 氏、顧問  千田 範夫 氏
 Winmostarは分子のモデリングから分子軌道計算、計算結果の表示までを実現するGUIである。GAUSSIAN、MOPAC、GAMESS/Fireflyなどの量子化学計算に加え、Gromacs、Amberへの入出力インタフェースも追加された。MOPAC6と CNDO/Sを内臓しており、構造最適化、原子電荷、双極子モーメント、エネルギー順位、分子軌道、分子体積・表面積などの計算や紫外・可視吸収、赤外吸収、NMRなどのスペクトルシミュレーションも可能である。2012年10月以降に株式会社クロスアビリティに営業・開発が移ってからV4になったが、V4からMD計算機能、およびQM計算との連携など機能が大幅に拡張されており、これらのデモを行うと同時に、同時に進んでいるOSX版およびクラウド版の紹介も行う。



ケモインフォマティックス秋の学校
Autumn School of Chemoinformatics in Nara


日時 : 2013年11月27~28日
場所 : 奈良県立新公会堂能楽堂 http://www.shinkokaido.jp/welcome/
内容 : 《プログラム》

11月27日
開会挨拶: Prof. Kimito Funatsu (The University of Tokyo)
[Tutorial session]
10:00~11:00 Prof. Juergen Bajorath (Bonn University)
          "Exploring Activity Cliffs in Chemoinformatics and Medicinal Chemistry"
11:00~12:00 Prof. Yasushi Okuno (Kyoto University)
          "Systems Chemical Biology: Unifying Chemoinformatics and Bioinformatics"
12:00~13:30 Lunch
13:30~14:30 Dr. Kiyoshi Hasegawa(Chugai-Pharmaceutical Co.)
          "Bayesian statistics for drug design"
14:30~15:30 Prof. Johann Gasteiger (Erlangen-Nuernberg University)
          "Solved and unsolved problems in chemoinformatics"
15:30~16:00 ------- Break -------

[Expert session by Software Venders]
16:00~16:30 Certara
         Dr. Brian Masek (Certara USA)
          "Progress in Predicting Off Target and Safety Profiles"
16:30~17:00 OpenEye
         Dr. Krisztina Boda (OpenEye Scientific Software, Inc.)
          "OEToolkits: The Building Blocks for Software Innovation"

17:00~17:30 BioSolveIT
         Dr. Marcus Gastreich (BioSolveIT GmbH)
          "Filling a Gap in Computational Lead Optimization:
          Proposing Fragments and Visualizing their "Happiness" in Binding Pockets"
17:30~18:00 Schroedinger
         Dr. Osamu Ichihara (Schroedinger)
          "Free energy calculations and rapid empirical scoring functions; insight into structure based drug design"
18:20~19:00 奈良国立博物館国宝館見学
19:00~21:00 懇親会: 奈良国立博物館地下レストラン
         URL: http://www.narahaku.go.jp/english/index_e.html

11月28日
[Tutorial session]
09:00~10:00 Prof. Didier Rognan (Strasbourg Univ.)
          "Computational methods to profile bioactive ligands"
10:00~11:00 Prof. Gisbert Schneider (ETH Zurich)
          "From chaos to order by adaptive molecular design"
11:00~11:15 -------- Break ---------

11:15~12:15 Prof. Takaaki Nishioka (Nara Institute of Science and Technology)
          "Mass spectral database MassBank and its application to chemical structure elucidation"
12:15~13:30 Lunch

13:30~14:30 Prof. Kurt Varmuza (Technical University of Vienna)
          "Variable selection for multivariate models - myth and reality"
14:30~15:30 Prof. Alexandre Varnek (Strasbourg University)
          "Chemography concept in Chemical Space analysis"
15:30~16:00 -------- Break ---------

[Expert session by Software Venders]
16:00~16:30 PerkinElmer-Spotfire
         Dr. Toshio Maruo (PerkinElmer Japan)
          "Accelerating Research Process by Visual Analytics"
16:30~17:00 Accerlys
         Dr. Yuji Takaoka (Accerlys Japan)
          "Chemoinformatics tools in Accelrys Enterprise Platform"
17:00~17:30 化学情報協会・英国CCDC
         Dr. Jason Cole (Cambridge Crystallographic Data Centre)
          "A New Knowledge-Informed Methodology for Ligand Based Drug Design”

閉会挨拶: Prof. Yasushi Okuno (Kyoto University)


2013年度第2回CACフォーラムセミナー

日時 : 2014年3月7日(金) 13:30~17:00
場所 :

(社)日本化学会 化学会館 501B会議室(東京都千代田区神田駿河台1-5)
 http://www.chemistry.or.jp/kaimu/office/map.html

内容 :

《プログラム》

1.会長挨拶  (13:30~13:40)
  CACフォーラム会長 東京大学大学院工学系研究科  教授 船津 公人 氏

2.Chemishによるケモメトリックス解析テクニック講習会 (13:40~17:00)
  東京大学   助教 金子 弘昌 氏

 Chemishは、東京大学船津研究室で開発されているケモメトリックスソフトウエアであり、化学データの編集、解析、可視化のための豊富な機能を備えている。今回は、ケモメトリックス手法である主成分分析、重回帰分析、PLS、ニューラルネットワークなどの説明と、それらの手法を用いて実際にChemishでデータ解析を行うための講習会を行う。

  講習会内容:
  1. Chenmishの概要説明

  2. データ解析手順

  3. 解析手法の解説とデモンストレーション
     □統計計算
       基礎統計量、相関行列
       主成分分析(PCA)、独立成分分析(ICA)
     □クラスタリング
       階層型クラスタリング
       Kohonen ニューラルネットワーク (Self-Organizing Map, SOM)
     □データモデリング
       最小2乗法による線形重回帰分析
       PLS、QPLS
       BPニューラルネットワーク
       CPニューラルネットワーク
     □予測、逆解析
     □変数選択
       StepWise(変数増減/減増)法
       GAPLS、GAQPLS
     □原子団寄与法(Group Contribution Method)
       物性予測、逆解析(自動化学構造式生成)
     □品質管理(QC)
       ヒストグラム、パレート図、各種管理図

  4. 演習


  

[ ホーム ]


  このページに対する、ご意見・ご感想はこちらまで
Copyright 1999-2014 CAC Forum All right reserved.