構造活性相関部会
 創薬や材料開発においては、開発期間の短縮やコストの削減のため、情報化学的な解析手法を用いた構造活性相関(QSAR)および構造物性相関(QSPR)の解析は必須であるといえる。構造活性相関部会はQSAR/QSPRに関連するトピックについて、多角的な議論を行うことを目的としている。また、構造活性相関解析の基礎となる情報工学的、統計学的な手法の紹介や、さまざまな分野での応用研究の成果発表などについても積極的に執り行っていく。
 現在船津研究室では、構造活性相関解析や分子設計を効率的に行うためのコンピュータプログラムとして、分子設計トータルシステムToMoCoの開発を行っている。このプログラムを用いることで、CoMFA法などの3D-QSAR解析や、進化論的計算手法を用いた新規薬物候補構造の自動創出などを行うことが可能である。ToMoCoの開発や普及についても、構造活性相関部会が主体となって進めていく予定である。
[ ホーム ][ 上へ ][ 構造解析部会 ][ 合成設計部会 ][ ケモメトリックス部会 ][ 構造活性相関部会 ]

  このページに対する、ご意見・ご感想はこちらまで
Copyright 1999-2004 CAC Forum All right reserved.